更新日20.04. 2018
在ハンブルク日本国総領事館からのお知らせ!

ハンブルクの街の最新情報を網羅するオンライン情報誌、シテイマガジン・ハンブルク
シテイマガジン・ハンブルクに掲載の記事・写真・イラスト等の無断転載を禁じます。
リンクは自由ですがメールでinfo★mmm-hamburg.deまでお知らせ戴ければ幸いです。★部分を@に直して下さい
All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Copyright: M.M.&P. Creative Design GmbH
Mitglieder der Handelskammer Hamburg (ハンブルク商工会議所会員)



 

  

★Hafengebrutstag Hamburg

ハンブルク港祭り: 第 829 回ハンブルク港祭りが、3日間にわたって繰り 広げられます。船のパレード (5月10 日 16時〜) をはじめとする数々のアトラクション、特設野外ステージでの 様々なイベントや、各種出店などをお楽しみ下さい。また今年は、大型客船 AIDA がハンブルク港に停泊し、お祭に華を添えます。期間: 5 月 10 日(木)〜13 日(日)

 今週のハンブルク

     
   

 
     
     
       
 
 
       

★「玄牝」げんぴん

河瀬直美 監督のドキュメンタリー「玄牝」が上映される。予告編
愛知県岡崎市にある吉村医院。木々がこんもりと生い茂る森の中にあるこの産科医院には、「自然に子を産みたい」と願う妊婦たちが、全国からやって来る。「不安はお産の大敵。ゴロゴロ、ビクビク、パクパクしないこと」。こう繰り返すのは同院の院長で、これまで2万例以上のお産に立ち会ってきた吉村正先生だ。お産は痛くて苦しいものだと思い続けていた人、初めての出産で経験した医療行為が辛い記憶になってしまった人……。それぞれの事情や想いを抱えながらも、臨月が近づくにつれ、彼女たちはいきいきと輝きはじめる。その様子を見守る家族や助産師の想い、そして、生まれてくる命だけでなく、生まれることなく消えてゆく命とも向き合う吉村先生の葛藤――現代に生きる私たちの強さと脆さ、喜びと悲しみ、怒りや平安がないまぜとなって、ひとつに結ばれていく。
季節ごとに表情をかえる自然の中で命の営みを見つめたのは「あん」「光」の河瀬直美。2004年に長男を出産した監督自らが、一巻わずか10分間の16mmフィルム・カメラで撮影したドキュメンタリー映画がハンブルクで初上映される。「玄牝」監督:河瀬直美2010年、ドキュメンタリー、92分、日本語、英語字幕付き 
開催場所&日時:2018年5月4日(金)17:00時
映画館「3001」(シュテルンシャンツェ地区)
Schanzenstrasse 75, 20357 Hamburg、電話:040 437679

 今週のハンブルク