住宅選びは海外生活を快適に送れるかどうかがかかっているので、慎重に選びたいものです。
住居の種類としては
●Wohnung(ヴオーヌング):フラット、アパート。
●Reihenhaus(ライエンハウス):長屋式住居、テラスハウス。
●Doppelhaus(ドッペルハウス):一軒家を左右対称に割り、二戸構えになった二戸一の家。

●Einfamilienhaus (アインファミリエンハウス):一戸建ての家。

お薦めの住居地域は街の中心部にある外アルスター湖の周辺、Harvestehude(高級住宅地)やUhlenhorst, Rotherbaum、並びにEppendorf, Winterhudeなど。 日本人学校の所在地でハンブルク中心部から北西約14km離れたHalstenbek、通学圏に入る Schenefeld、Rellingen、また、インターナショナルスクールの通学圏、ハンブルク西部エルベ河沿いの高級住宅地、Klein Flottbek, Gross Flottbek, Othmarschen, Nienstedten、Blankeneseなど。

住居探しの方法は毎週土曜日に出版されている新聞 Hamburger Abendblatt(ハンブルガーアーベンドブラット)で探すか、経験豊かで日本的なきめ細かいサービス提供で好評の西山不動産やジャパン・コミュニテイサービスの倉石さんに任せるのも良いでしょう。また、短期滞在用や海外生活体験希望者用の各種サービスアパートメントの紹介、ハンブルクへの進出や事務所移転に関する情報はこちらを
クリックしてください。